Tag Archives: 規制

都市の論理、国家の論理

いまから1世紀前、都市がある規則性に従っていることがあきらかになった。 都市をサイズ (人口) によってランクづけすると、最も大きな都市は2番目に大きな都市の2倍になり、3番目に大きな都市の3倍になり、4番目に大きな都市の4倍になり…。 都市の分布は、人口が集中する少数の大きな都市と、数多くのより小さな都市に分かれる。 上位になればなるほどランク間に大きな差がつくようになり、それは一定の規則性に従っている。 それを示したものが右のチャートだ。 1991年時点の米国の135都市圏のランクとサイズを両対数グラフにプロットすると、人口が最も大きい都市圏 (ニューヨーク) から135番目の都市圏まで、ほぼ一直線上に並ぶ。 「ジップの法則」とよばれるこの規則性は、ここ1世紀の間、米国の都市で観察されている。 1. この135の都市圏は、米国行政管理予算局が規定する「大都市統計地域 (MSA)」にもとづいている。 MSAの分布マップ (2012時点) をみると、それぞれの都市圏の地理的な拡がりには大きな差があることがわかる。 MSAによる1991年時点のニューヨーク都市圏の人口は17百万人。 ニューヨーク市のほかに、ニュージャージー州、ペンシルヴァニア州、ニューヨーク州の一部の郡を合算しているため、7.3百万人のニューヨーク市の人口 (1990年) と大きく異なる。 ニューヨーク経済はニューヨーク市だけで完結しているわけではない。近隣の州に住む多くの人たちがニューヨーク市内で働いている。 なるほど「都市圏」という考え方にはそれなりの妥当性があるようだ。だが同時に疑問も生まれてくる。 MSAのニューヨーク都市圏にはニュージャージー州のニューアークが含まれているのに、そのすぐ隣の郡はそうじゃない。 どこからどこまでをニューヨークの都市圏と考えればいいんだろう。 2. 都市の分析には国勢調査を利用することが多い。そこで用いられる街区の最小単位は「国勢統計区」だ。 ニューヨーク市は2,168の国勢統計区に分かれていて、各統計区は3-4千人の人口から成っている。 統計区をひとつの性格をもつ地理的な単位として取り扱うことに、私たちは慣れている。 だが、統計区の境界の「むこう」と「こちら」にはほとんどなんの違いもないことが多い。 それにもかかわらず、街区が異なると違う特徴があるはずだと考え、区別し、整理する。 行政や国勢調査が規定する「都市の単位」には恣意性がつきまとう。都市や街区の姿を正確には反映していない可能性がある。 3. 恣意性に左右されない都市の定義を試みる研究者は少なくない。たとえば、通りのネットワークによって都市を規定しようとする試みがある。 人間の活動は通りによって制約される。通りがないところに人の活動はない。 通りが集中するパターンは人の居住パターンを反映しているはずだ。 複数の通りが交差する地点や、ひとつの通りが別の通りに合流するところは、通りの「ノード」とよばれる。 そのノードの集中の度合いをみれば、行政や統計上の区分とは違う、より自然な都市の拡がり方を示してくれるにちがいない。 米国内にある24,657,017ヶ所の通りのノードを抽出すると、そこには都市がたちあらわれる。 左の米国のマップを「衛星から撮った写真だ」と示しても、疑う人は少ないだろう … Continue reading

| Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 3 Comments