Tag Archives: タクシー

ニューヨークのリズム

私はニューヨークのタクシーが好きだ。 旅から帰ってきたとき、ニューヨークをまず実感できるのはタクシーに乗ったときだ。 セレブリティから観光客まで、タクシーはありとあらゆる種類の人を運んでいく。ドライバーはいろいろな話を耳にし、さまざまな光景に出くわすにちがいない。 あるドライバーは、乗客から聞いた話をほぼリアルタイムでツイートしている。 融通のきく仕事を求めてドライバーになったものの、運転席からみえるニューヨークの姿に魅了されて写真を撮り続けている人もいる。 タクシーのドライバーほど多くのストーリーを知っている人はいない。そして、タクシーのデータほどニューヨークについて多くのことを教えてくれるものはない。 1. 2014年1月、ニューヨーク市のタクシー・リムジン委員会は『2014 Taxicab Fact Book』(pdf) を発表した。タクシーのデータ集だ。 市内には13,437台のイエロー・キャブが走っている。1日の利用者数は60万人、乗車数は48.5万回にのぼる。 それぞれのタクシーは、1年におよそ7万マイル (11万キロ) を走る。世界を2.8周するのに等しい距離だ。 乗車の20%はマンハッタンの20ブロックに相当する1マイル (1.6キロ) 未満の短距離だ。1回の乗車で最も多い走行距離は1-1.5マイル (1.6-2.4キロ) だという。 2. タクシーの乗車数は、月曜日から週末に向けてゆっくりと増えていく。 ニューヨークはスロー・スターターだ。週の初めはエンジンがかかりづらい。 1日の中での利用状況をみてみると、乗車数は午前中に増えて、正午にかけて減少する。 なにかと気ぜわしいニューヨークの朝はタクシーの利用者が増える。 そして夕方から午後7時頃にかけて乗車数が大きく伸びていく。夜にむけて街もギアが変わるときだ。 平日の乗車数はこの時間帯から徐々に減っていくが、週末は午前0時にかけて乗車数が再び伸びる。 週末の夜は多くの人が外出し、自宅に向かう時間帯も遅くなりがちだ。 乗車数は明け方が最も落ち込む。「眠らない街」といわれるニューヨークにも少しの休息は必要なようだ。 3. 乗客の90%以上はマンハッタンで拾う。次に多いのはブルックリンだが、それでも全体の3.1%にすぎない。 ところが週末の真夜中すぎ (午前1時30分から2時30分の間) だけは、ブルックリンでの乗車数が跳ね上がる。 レポートはその理由にふれていないが、ウィリアムズバーグ近辺で遊んだ人たちが帰宅する時間帯なのだろう。 ウィリアムズバーグを横切る地下鉄のL線も、週末の真夜中すぎに乗車率が著しく高まることが報告されている。 10数年前に私が住んでいた頃には、ウィリアムズバーグにイエロー・キャブは走っていなかった。タクシーの走行の変化はニューヨークの変化そのものだ。 一方、クイーンズからの乗車は早朝 (午前4時30分から6時の間) … Continue reading

| Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment