Tag Archives: アルゴリズム

スプレッドのアーキテクチャ

ニュージャージーで金融市場に参加する者は、相場と同じぐらい天気予報に注意した方がいい。雨が降ればチャンスだ。 1. 米国の株式取引の過半数を占めるといわれる高頻度取引 (HFT) はレイテンシをめぐる争いだ。取引所などとデータをやりとりするスピードが焦点になる。 数年前まではHFTを支えるインフラは光ファイバーが中心だった。最近はワイヤレスへのシフトが加速している。 光ファイバーは地下に埋める必要があり、川や山がケーブルの行く手を邪魔する。誰かがあやまって地中のケーブルを掘りおこしてしまうこともある。 上空には障害物はない。2つの地点を地球の表面上最短で結ぶルートを測地線という。ワイヤレスなら測地線に沿ってデータを伝送することが可能だ。 マイクロ波やミリ波、そしてレーザーといったワイヤレスへのシフトが進むとともに、世界各地で高層のタワーがにわかに注目を集めている。信号の中継地が必要なためだ。 2. HFTのネットワークについては人類学者のブログから多くを学ぶことができる。欧州を中心としたリサーチの深度とストーリーの奥行きが多くの読者を集めている。 このブログの興味深い点のひとつは、ブリュッセルに住む人が運営していることだ。 ブリュッセルは金融都市として知られてはいない。ロンドンとフランクフルトという欧州の2大金融都市の間にたまたま位置するため、この小国を信号が通過することになる。 2014年7月、ベルギーのフュールヌで高さ243mのタワーが3時間半におよぶ競売の結果、5百万ユーロで落札された。 落札したジャンプ・トレーディング社はHFTのインフラを構築するビジネスだ。 米空軍が利用していたマイクロ波のタワーだが、2006年に同軍がファイバーに切り替えたのを機に手放したものだ。 欧州では20世紀後半に米軍やNATOが多くのタワーを建てている。そのタワーがHFTに転用されている。ベルギーの裏庭にもHFTはしのびよりつつある。 3. マイクロ波のネットワークを構築するヴィジラント・グローバル社は、英国東部のドーバーに近い町でエッフェル搭よりも高い320mのタワーを建設しようとしている。 地球の曲率を考慮すると、大陸側にあるタワーと英国のその町を直線で結ぶにはそれだけの高さが必要になるという。タワーは高ければ高いほどいい。 タワーの設置にその町が選ばれたのは、ロンドンの西のスロウに所在するデータセンターからフランクフルトまでの直線上に位置し、海峡の近くにあるためだ。 測地線に沿うことで、フランクフルトとスロウの間は、既存のネットワークよりも数kmの距離と数マイクロ秒の時間が短縮されることになる。 HFTがミリ秒 (1000分の1秒) を競ったのは昔のこと。いまやマイクロ秒 (100万分の1秒)、そしてナノ秒 (10億分の1秒) の差が現実的な視野に入ってきている。 英国のやはりドーバー近くのスウィンゲートにもかつて米空軍が利用したタワー群がある。所有する企業はタワー群の利用をHFT向けにシフトしているといわれる。 4. データセンターは都市の周縁部にあることが多い。ニューヨーク圏も例外ではない。 米国のHFTのメッカはニュージャージーだ。主要取引所のデータセンターはマンハッタンからハドソン川を隔てたニュージャージーに集中している。 ニューヨーク証券取引所 (NYSE) のデータセンターはニュージャージー北部のマフワにある。 マフワは先住民の言葉で「出合いの場」を意味する。取引所のデータセンターにとってこれ以上ふさわしい場所はない。 米国で最も重要なデータセンターともいわれ、常時厳重な警戒態勢にある。周囲にはタワーが林立している。もちろん他の取引所と高速でデータをやりとりするためだ。 NASDAQは同州南部のカータレットのデータセンターを、ディレクト・エッジ (DE) はシーコーカスのデータセンターをそれぞれ利用している。 マフワとカータレットの間には55km、カータレットとシーコーカスの間には26km、マフワとシーコーカスの間には34kmの距離がある。 … Continue reading

| Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 1 Comment