Tag Archives: アプリ

アルゴリズムは世界の問題を解決する?

ツイッターでパンチを交わし、相手が本気になればしめたもの。観衆の前にひきずり出して、いよいよショーのはじまり。 対戦相手はビッグネームや人気者にかぎる。果たし状は大歓迎。向こうがリングに背を向けるまで、何ラウンドでも応戦しよう。 1. 「テクノロジーやアルゴリズムが人類のあらゆる問題を解決する」—。 クレイ・シャーキー、ケヴィン・ケリー、スティーブン・ジョンソンなどおなじみのテクノクラートたちが、こうした考えを広めている。 気をつけよう。それは都合のいい解釈のよせ集めにすぎない。エフゲニー・モロゾフはそういう。 2011年に「サイバー空想家」を攻撃したモロゾフは、2冊目の著書『To Save Everything, Click Here』で、テクノロジー主導のソリューションをあらゆる角度から検討している。 2. ソリューションを万能視する「ソリューショニズム (solutionism)」は、幅広い分野に広がっている。 犯罪を起こしにくい環境をつくることによって犯罪を予防する「状況的犯罪予防論 (SCP)」も、ソリューショニズムのひとつだ。 ニューヨークの地下鉄は、乗車券をもっていないと構内に入れないつくりになっている。無銭乗車は物理的に難しい。 改札がなく、誰でも構内に入れるベルリンの地下鉄と対照的だ (乗車券をもっていないことがわかると多額の罰金を支払うことになる)。 犯罪の背景に何があるのかを考え、社会条件を変えたり、犯罪者を更正するよりも、予防措置をとる方が手っ取り早く簡単だというのがSCPの考えだ。 犯罪者の行動パターンを分析することで、犯罪を予測、未然防止する試みも、同じ考えにもとづいている。 犯罪が減ることに反対する人はいない。だが、それは犯罪の背後にある、より大きな問題を見失うことになる。 テロ対策を考えてみよう。 米国は、テロリストを捕まえて処罰することで、テロをなくそうとしている。アルゴリズムの予測にもとづくテロの未然防止にもとりくんでいる。 そこでは、なぜこの国がテロ攻撃の対象になるのか考えることはない。テロが起こりさえしなければ、そんなことを考える必要はないということなのだろう。 SCPが広く受け容れられるようになったのは、対テロ戦争で米国が先制攻撃を正当化してからだとモロゾフはいう。 3. タクシーに乗りたいときには、いつやってくるかわからない空車のタクシーを待つよりも、乗客とタクシーを結びつけるアプリがあれば便利だ。 ニューヨーク市では、タクシー (イエロー・キャブ) をつかまえる「Uber」などのアプリが、ようやく試験的に導入されることになった (2013年5月時点)。 タクシー産業をとりまく法律の観点から、アプリの合法性が疑問視されていたためだ。 こうした規制は時代遅れで、ビジネスの効率化を妨げているという人は多い。 その指摘はおそらく正しい。だが、タクシーは公共交通機関だということを思い出そう。 必ずしも効率性や利益追求のためだけに存在しているわけではない。 より多くの人たちが平等に利用できるようにするのが公共交通機関の目的だ。 テクノロジー・ビジネスには、社会的な効率化を推進するものが多い。「シェア経済」とよばれるものも、経済的な観点からみれば、資源の再分配による効率性の追求だ。 新しいテクノロジーが手に入った。そのことによって、どういうわけか、公共性や公平性の問題が、効率性の議論にすりかわることが多いようだ。 ニューヨーク市では、タクシーは「公共財」と定義されている。経済学によると、公共財に市場原理はうまくはたらかない。 … Continue reading

| Tagged , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | Leave a comment